2005年07月27日

BenQ W/ GPS

AISはBenQ P50とGPSを一緒にしたBenQ GPSパッケージを発売することを発表した。

新しいBenQ P50GPSパッケージは今までのBenQ P50にBluetooh接続のGPSレシーバをつけて発売される。

価格は40、900バーツなり。

GPSセットが欲しくない人は今までどおりBenQ P50のみの販売も行う。

BenQ P50単体の価格は27,900バーツなり。

なお、GPSレシーバ単体の価格は表記されていない。(多分レシーバだけ買う人っていないんじゃ?)

posted by かず at 15:00| バンコク ☁| Comment(47) | TrackBack(2) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなん、誰が買うんだろ?
だって、後からGarminのGPSキットを買うのと変わらない値段ですもん。
Posted by かず at 2005年07月27日 15:14
禿同。

そろそろGPSやってみたい。>ぢつは隠れた物欲。
Posted by siam_breeze at 2005年07月27日 19:06
こんにちは、(初めまして)siam_breezeさんの友人で、清水と言います。

さて、画面を見る限りソフトはPaPaGO!(MapKing/KingMap)ですね。と言うことは、PaPaGO!用のタイの地図があるということ・・・。PaPaGO!は、完全なナビをこなすので、かなりこれがタイで動くというのは、センセーショナルです。

今度、開発元のMaction社へ聞いてみますが・・・

GPS自体は、BT-338かなと思いますので、他のBluetooth GPSでも問題ないでしょ。一番のネックは、PaPaGO!で使えるタイの地図ですから、これが入手できるというのは、セットの価値があると思いますけど・・・パンティップなどでもPaPaGO!のタイ版が売られるとなれば、意味はなくなりますけど。
Posted by 清水 隆夫 at 2005年07月27日 19:48
うおぉ!!!清水さん、お越しいただきまして光栄です。
お名前はいつも伺っており、清水さんのサイトにもちょくちょくROMで顔を出させていただいております。

現在、MapKingを使っているソフトはHPのhw6515があり、現在MapKing Version 7へのアップデータが出ているみたいです。

なにしろGPSについては全然無知ですので、これから少しずつ勉強していこうかと思っています。

現在、タイで主流になっているGPSはGarminのですが、MapKingとはどう違うのでしょう?

Posted by かず at 2005年07月27日 20:11
清水さん、こんにちは。
丁度、この件で清水さんにメールを書こうとしていたところでした。
ですよね!ですよね!。PaPaGO!ですよね!

なのでむしょうに物欲が沸いています。
BluetoothGPSユニット、タイでのナビ地図、日本のナビ地図、うぅぅ、いったいいくらになるんだろう・・・。
Posted by siam_breeze at 2005年07月27日 20:13
余りにも動揺してサイアムさんのコメントにレスするの忘れてました^^;
GarminのGPSシステムが16,000バーツぐらい(今はだいぶ下がっているみたい)がありますが、Gariminのを後から買うのと、セットで買うかどっちかでしょうね。
Posted by かず at 2005年07月27日 20:14
私はやはりPocketPCと連動する方を優先させたいので、GarminよりBluetoothユニットの方に触手が動きます。
Posted by siam_breeze at 2005年07月27日 21:16
GarminもBluetooth連動ですよ。

一時期ミニと連動させられるという名目で出てたキットのことです。
Posted by かず at 2005年07月27日 21:43
あ、間違えたBluetooth連動じゃなくて、PPCと連動です。
Posted by かず at 2005年07月27日 21:44
かずさん、こんばんは、グッドニュースをありがとうございます。

さて、GPS受信機の型番、間違えました m(_ _)m

BT-338ではなくて、GSR-232です。GPSエンジンは、最新のSiRF IIIではなくて、SiRF II e/LPのXTracですので、Mio 168や、inView N911に内蔵のものと同等です。

ちなみに、BT-338は、SiRF IIIが搭載されていますが、Bluetoothとの接続が切れると、オートパワーオフが働いてしまうので、ちょっと使いにくい機種です。

MapKing・KingMapは、PaPaGO!(台湾版)の海外ブランドですので、中身は同じです。ちなみに、台湾版のPaPaGO! 3D(V7)は、台湾版であっても、プラットフォームが台湾版でない場合は、英語表記に自動的に切り替わる機能などもあるので、実質的には、言語の違いはあまり気にしなくても大丈夫です。

HPのhw6515もGPS受信機内蔵で、各国によってバンドルされるソフトが異なっているようです。こちらは、A-GPSと呼ばれる方式で、初期のデータをGPS衛星からではなく、GPRS経由でサーバから持ってくるので、初期測位速度が速いという特徴があります。(毎回、通信料が発生します。)

日本ではauのGPSエンジンケータイが似た方式を採用していますが、似て非なる部分もあります。auの場合は、gpsOne(クアルコム)ですが、元はE-GPSという方式で、どちらも圏外だとGPSが機能しなくなります。

auのグローバルパスポート機種であっても、残念ながらバンコクでは、昨年試したのですが、GPSやネットは全く、機能しませんでした(苦笑)

A-GPSの場合は、切替になっている場合が多く、hw6515の場合、GSM圏であればGPSエンジンも動作するのでしょうが、圏外で単独測位ができるのかどうか・・・気になるところです。
Posted by 清水 隆夫 at 2005年07月27日 22:03
大変にご丁寧な説明ありがとうございました。

GPSに関しては、よく車で地方へ出たりしますので、今度、人柱になってみようかなと思っています。
Posted by かず at 2005年07月27日 22:38
かずさん、ちょっと説明が抜けちゃいました。

肝心のGARMINですが、タイでは、最初のナビとしてトヨタのカムリにオプション設定されましたが、あれはGARMINのハードとソフトです。地図は、ESRI Thailand製です。めちゃくちゃ高価でしたね。実機を触ったのですが、ナビ本体からビデオ出力をカムリに標準装備されているDVD用モニターへ接続してありました。

言語は、英語とタイ語の切替可能で、音声ガイドも同時に切り替わります。

このカムリ用の元になったのが、GARMINのPalm版である、iQue 3600のタイ販売版ですが、言語は英語です。地図や音声ガイドも全て英語でしたが、こちらも実機を触った限りでは、タイ全土を網羅していて、地図データとしては256MB程で、なかなか良くできてました。

GARMINもPalmからPocket PCへインフラを変更しましたが、iQue M5の場合も、これらのソフトは標準でバンドルされているので、地図データも既にタイではESRI Thailandが用意しているので、販売しているのかもしれません・・・相変わらず、高価だとは思いますが・・・既にバンコクを離れて、一年経っていますので、パンティッププラザにもご無沙汰しているので、また製品情報など教えていただければと思います。

ちなみに、おっしゃっていたGARMINのBluetooth GPSとのキットは、GPS受信機はGARMIだと思いますが、ナビ(地図)ソフトはどこの会社のものか???です。iQue M5のソフトだけの外販は、GARMINは少なくとも欧米ではしておりません。

#是非、人柱のレポート、お待ちしておりま〜〜す(笑)
Posted by at 2005年07月27日 22:57
失礼しました m(_ _)m ↑のコメントは私です〜
Posted by 清水 隆夫 at 2005年07月27日 22:59
実はGPS関係にはすごく疎いので、一応レシーバはGarminのであるということだけしか分かっていません。
m(_ _)m すみません。
フォーチュンででも調べてみます。
Posted by かず at 2005年07月27日 23:04
お、Mapkingだ!台湾のソフトで我らのhw6515と同じソフトです。

タイへ行くときはthai mapを買おうと思ってました。
昨日テストしたので今日レビュー予定です!
Posted by Asukal at 2005年07月28日 10:54
あ、かずさん、僕の誤解でした。
GARMINはPocketPCとbluetoothで連動できるG10のことですね。

実は僕がhw6515を踏みとどまったのは、この「GSM連動」なのです。将来間違いなく日本に変える僕にとっては、これはネックです。GSM非接続でどこまで使えるか不明ですが、清水さんのコメントにあるとおり、auのgpsOneなどは圏外では使用できないという経験があったので、購入を踏みとどまったのです。

今までのハード資産が使えるbluetoothタイプのGPSユニットが有力候補です。あとはタイでも日本でも使えるタイプ(マップソフトのサポート)でしょうか。

僕の日本での趣味にGPS座標は不可欠で(林道や温泉や源泉や野営場所の位置確定)日本ではカーナビ(緯度経度表示、緯度経度入力が可能なパイオニアのナビ)を使っていました。もちろん車から離れる場合もありますので、そのときは離れたところの緯度経度と地形図を元に緯度経度を計算していました。
日本に帰ったらまたバイクにも乗りますので、バイク用にPocketPC+GPSは必要不可欠です。

また飛行機の中でGPSを試してみたいという欲望もあります(笑)。あ、じぃさんのblogで実際にやられていますね。

元FGPS ROMerのsiam_breezeでした。
Posted by siam_breeze at 2005年07月28日 11:43
Mapkingですが東京マップも有りました、
Posted by Asukal at 2005年07月28日 12:24
あああ、師匠、そんな背中を押すようなことを・・・(^^)
Posted by siam_breeze at 2005年07月28日 13:24
うはは。いいのだぁ。みんなどんどん押されるのだぁ〜。

(壊れかけているかず)
Posted by かず at 2005年07月28日 14:13
TJ@亜洲モバイル人柱隊です。
皆さんで楽しそうな話してますねぇ 混ぜてくださ〜い!!
ということで、これを読んですぐに、hw6515もって中国は東莞(とんがん)の青い空のもと実験してきました。
まずはフライトモード(GPRSオフ)でも測位できました。その後、GPRSオンで同じことをやってみたところ、衛星を5〜7個ほどつかんだ瞬間にGPSが「GPS Now functioning」と叫び位置を認識しました。
これに比べると、フライトモードでは、衛星をつかんだ後に30秒ほどのタイムラグがありその後、「GPS Now functioning」といっています。

ということで、あくまで私の感じですが、GPSから舞い降りる位置データの転送速度が遅いので、そこをGPRSデータがアシストしているように思うのです。

どうもGSMアンテナの位置情報からとっているのではないような気がするのです。

いろいろと教えてくださ〜い。
Posted by TJ at 2005年07月28日 16:59
清水さんにTJさん、だんだんとすごいことになってきてますね。(すごいメンバーになってきた)

TJさんのレポートの中で、位置情報をGPSとGPRS両方でとっているとのことですが、多分、GPSで取れない分をGPRSでとっている、つまりGPS主体でGPRSが補足だと思っていました。

たしかにGPRSからは基地局のデータを基に位置情報を割り出すことは出来ると思います。でもこの方法ではauのシステムと同じで正確さにはちょっと欠けるのでは?

こうなったらhw6515を買ってテストしなければ?!^^;
Posted by かず at 2005年07月28日 17:09
通りすがりのreveilです。

BENQ P50とhw6515、それにミヤノーイとやらをほぼ同時時期に入手できるかずさんの環境と財力が裏山に椎の木で御座います。
是非テストお願いします! (^^;;
Posted by reveil at 2005年07月28日 17:19
TJさん>私のブログに話が出ましたがトンガンはシンセンの地図で使えますでしょうか?

mapkingですがホーチミン、BKK、インドネシアなど結構東南アジアの地図を出しています。

私もそのうち、マニラ、インドネシア、BKKを買わなければ・・

TJさんから教えてもらったリンク
http://www.mapking.com/shopping/en/
Posted by Asukal at 2005年07月28日 17:33
reveilさん
シンセンとトンガンは残念ながら別の地図です。Ver5で両方持っていますが、シンセンとトンガンの間は
、南中国地図という大雑把な地図でカバーしています。詳細地図はありません。中国はでかすぎる。Google Earthとかで有料版はGPS対応しているので、そのほうがいいかもしれませんよ。ただPCオンリーですが。
Posted by TJ at 2005年07月28日 17:49
Asukalさん
ごめんなさい。先ほどのコメントはAsukalさんだったのですね。区切りがよくわからずに間違ってreveilさんにしてしまいました。

でこの地図って3日間はTrialで使えるんですね。去年台湾に行ったときは台北、高雄に2日ずつだったので無料で使用できました。ってセコ過ぎますか?Trialボタンを最初に押したときからカウントされますので、
SDカードに入れておき、ここぞっと言うときにTrialボタンを押すのです!
Posted by TJ at 2005年07月28日 17:55
>reveilさん、
いやいや、まだ入手には至っていません。これからどういう攻略で攻めようかというところです。

先ほど恐竜の店に電話してみたら、hw6515の地図はMapPointというアプリを使っているそうです。
MapKingとどう違うのって聞いてみても会社が違うだけで中は同じという返事でした。
なんか訳わからん。

なお、MapPoint単体だけでも1,500バーツで買えるそうです。
Posted by かず at 2005年07月28日 18:28
Trialバージョン>でもう一回使いたい時はハードリセットするのですね(^_-)-☆
Posted by Asukal at 2005年07月28日 18:36
たびたび失礼。そう言えばhw6515のCDの中にはTomtomも入っていますね、入れて見て無いので詳細不明ですが。
Posted by Asukal at 2005年07月28日 18:38
TomTomのHW6515用のはここから落とせました。でもGPS機材も地図も無いので私には無意味〜ヽ(´ー`)ノ

http://www.tomtom.com/support/rightnow.php?Page=http://62.250.17.58/cgi-bin/uk.cfg/php/enduser/std_adp.php?p_faqid=3361
Posted by reveil at 2005年07月28日 18:50
TJさん、初めまして、早々にhw6515のフライトモード(GPRS:OFF)でのレポート、ありがとうございます。
やはり、hw6515はA-GPS(Assisted GPS)ですね。GPSの測位開始時には、必ずエフェメリシスを受信します。通常はGPS衛星からの受信になりますから、約50ボーという低速ですので、この受信に10秒前後の時間を要します。
A-GPSでは、このエフェメリシスのデータを、GPRSでサーバから読み込むので、起動時の測位が早いのです。hw6515では、GPRSの圏内か通信可能であれば、GPRSからデータを読み込み、圏外や通信できない場合には、GPSによる単独測位に切り替えていrのですね。これで、日本でも少なくともGPSは使えることが判りましたね(ぐいっ!と、がんちゃんの背中を押す音(笑)

ちなみに、エフェメリシスのデータは、約2時間程度で更新されますので、GPSを2時間停止させておくと、同じ動作を繰り返しますが、2時間未満の場合には、再読込はしないので、測位も直ぐに開始されます。
エフェメリシス:測位に関する誤差情報です。大気の密度や、衛星の軌道誤差などで測位される位置データが正しくなくなるので、これらの補正データをGPS衛星から放送しているのです。

かずさんが言われていたMapPoint Asiaは、インドシナ半島全域の地図データを持っている会社です。パンティップなどでも、PC用やPDA用の地図やナビソフトを売っています。(日本の資本がかなり入っています。三井とかドコモとか)

従って、似て非なるもの・・・テレアトラスと組んだようですね・・・siam_breezeさんがレポートしてました。

アジア圏は、やはりMactionのPaPaGO!(MapKing/KingMap)が強いみたいですが、地図データは、その国々で異なっています。ですので、国によっては、見やすい地図だったり、おおざっぱな地図だったりします。やはり台湾の地図は良くできていますよ・・・
Posted by 清水 隆夫 at 2005年07月28日 20:36
みなさんのコメントを読ませてもらっているうちにだんだんと欲しくなってきた。

う〜ん。困った。

よく移動するから会社の経費で落とそうかな〜。
Posted by かず at 2005年07月28日 22:34
とりあえず買ってから処理は後から考えるというのもひとつの選択肢かと・・・・(^^;;
Posted by reveil at 2005年07月29日 10:39
reveilさん、ついに背中押し係ですか?^^;
Posted by かず at 2005年07月29日 11:16
清水様
はじめまして。
今までもやもやしていたところがかなりクリアになりました。またエフェメリシスの詳しいご説明ありがとうございます。初めて知りました。

私がもうひとつ疑問に思っていることがあります。
それはuttiさんに教えていただいたり、先の清水さんの書き込みにもありますが、SiRF IIIとIIの違いです。

III型では室内(もちろん程度はあるでしょうが)でも衛星の補足が可能である。こういったことから捕捉する速度がII型より圧倒的に速い。

という理解をしていいものでしょうか。

私としてはhw6515の衛星を捕捉する速度は、やはりこのA-GPSが大きく寄与しているのではないかと思うのです。hw6515はII型なんでしょうか、III型なんでしょうか?それもまた理解しにくい要因のひとつなんですね。

ということで、Rikatech というブランドのBluetooth対応GPS(SiRF III)というのを新規に購入して再度調査してみることにしました。

現時点でいえば、もしこの速度がA-GPSによって加速されているのであれば、今後のGPSにはこの機能が搭載されるべきだと思います。もちろんこれは、香港という高層ビル過密都市だけでの話かもしれません。中国などではこれまでのII型でも不自由さをあまり感じませんから。

だらだらとまとまりなく書いてしまいましたが、GPSって本当に面白いですね。



Posted by TJ at 2005年07月29日 11:40
さらに背中を後押し!

http://msmobiles.com/news.php/4011.html
Posted by reveil at 2005年07月29日 17:41
TJさん、こんばんは(日本時間で失礼)、

お尋ねのSiRF II、SiRF IIIの差ですが、大きくはトラッキング(衛星捕捉)感度が、SiRF IIIの方が高感度です。ですので、室内でも測位が可能だったりします。とは言え、高感度であれば、性能の高いGPSかというと、そうとも言い切れません。

感度、測位速度、そして測位精度のかねあいは、非寿に難しくて、これらを全て完璧に満たしているGPSエンジン(受信機)は、なかなか見あたらないのも現状です。

SiRFシリーズでいえば、感度は新しい程上がっているのですが、測位データの遅れなどは、逆に新しい方が大きくなっており、高速で移動する車などでは、これが誤差として現れます。つまり、一秒間に一回しか、測位データを出力しないので、一秒間で移動郷里が大きな車での使用と、徒歩ベースでは、誤差の距離が異なってしまうのです。

この対策には、一秒間に4回、データを出力するようなGPSエンジンも登場しています。私は、徒歩で使う場合は、SiRF IIIを使い、車での使用では、逆にSiRF IIや、別のGPSエンジンを搭載した受信機を使うなどして、TPOに合わせてGPS受信機を使い分けています。

hw6515に搭載されているGPSエンジンは、公表されていないようで、私も判りません。確認する方法は、GPSエンジンの起動時の生データ(NMEA-0183センテンス)を、見るということで、ある程度特定できるケースもあります。

おっしゃるとおり、ビルの乱立する都会での使用以外であれば、特にSiRF IIとSiRF IIIでの違いはなく、逆にデータの遅れによる誤差などを考えると、SiRF IIでも、二種類ファームがあるのですが、むしろ車での使用ならば、SiRF II XTrac以前の、SiRF Soft版の方が、良い結果が得られる場合もあります。

決して、SIRF IIIがベストではないと、私は思っておりますが、ケースバイケースだと思います。

GPSも奥が深いので、面白いですよね。また、情報交換をよろしくお願いします。

#かずさん、コメント欄を汚してしまって、すいませんでした。 m(_ _)m
Posted by 清水 隆夫 at 2005年07月29日 19:25
いえいえ、みなさんの意見交換の場になれば思い残すことはありません(?)
Posted by かず at 2005年07月29日 22:31
(小さな声で)かずさん、かずさん、すごい話になってますね・・分かります?チンピンかんぷん・・・すごいインだきっと・・
ついて行けてないAsukal
Posted by Asukal at 2005年07月29日 22:58
先ほど、ブログに重大告知をエントリしました。
な、なんとGPSの世界に足を踏み入れてしまいました。
これから後戻りできない。どうしよう。
Posted by かず at 2005年07月29日 23:09
Asukalさん、こんばんは、

Asukalさんの中国語版と日本語版を同居させたりする熱意に比べれば、まだまだ修行が足りませんよ〜(笑)

特に、Asukalさんのために打ち上げられたGPS衛星とは、つゆしらず、勝手に長年にわたって使わせていただきまして、大変申し訳なく思っておりますが、今後ともなにぶん、お目こぼしを頂ければ幸いです。(笑)

#と言うことは、今度、欧州で実用化されるGalileoシステム(欧州版GPS)も、中国が参加しますが、これもAsukalさんが影で暗躍しておられたのでしょうか?
Posted by 清水 隆夫 at 2005年07月29日 23:13
清水さん>いや、下らぬコメントにわざわざのレス恐縮です。
私の野良衛星電波、いつでも使ってください。

ガリレオシステムね・・・あっあれね・・・

でもガリレオは地動説という間違った思想の持ち主で本当はAsukalの爲に地球が回っているのですが・・・と言うことでガリレオシステムでしたm(__)m
Posted by Asukal at 2005年07月30日 00:34
かずさん>おいおいおい!(どす声で)娘は用意できてるんだろうな!話が違うが!

でも正解かもしれませんね。GPSを目的にhw6515をかうよりGPS専門機を買うほうがこの場合。PPCハイッパイ有るでしょうからすでに!

でも娘は用意できたのかい!
Posted by Asukal at 2005年07月30日 00:37
ひあ〜!お代官様、まだ覚えてましたか?
そんな御歳だからもう忘れちゃってるとおもってた...

今、暇をあげようかと思っているのが、mini、hx2700、Tungsten Tです。
Posted by かず at 2005年07月30日 01:30
TJさんにも名前を挙げていただいたので、参上しました!
まぁ、挙げられなくても、どこにでも出没してますが...(^ ^;

で、Asukalさんの「Mapkingですが東京マップも有りました、」とのコメントを見つけたので、さっそくDellのX50vに入れつつ、「Asukalさんの衛星をお借りしつつ(笑)」、さっきまで夜の都内まで遠征してきました。
携帯電話からの実況写真レポは↓です...(^ ^;

http://d.hatena.ne.jp/uttii/20050731
私のGPSレシーバは、SiRF IIの「HOLUX GR-232 Bluetooth GPS Receiver」です。
台湾で今年の1月に購入、値段は4,000台湾元(当時12,000円強)でした。PaPaGo! ver7と充電グッズもろもろ、mini SDの128MB付きでした。
siam_breezeさんのところにもすでにコメントしましたが、写真と全く同じもので、Dopodブランドのヤツです。

GPS関係は、実用性はともかく(?)、遊んでいて面白いですよ〜!

まぁ、すでに「背中を押すまでもない状態」のようですね...(^ ^;

今後ともヨロシクです。
Posted by uttii at 2005年07月31日 07:48
はじめましてuttiiさん。
おっしゃる通り、背中を押されるまもなくとうに暴走状態になっちゃいました。^^;
Posted by かず at 2005年07月31日 11:33
清水さん
たいへんわかりやすいご説明ありがとうございます。
いやぁ本当に難しく、面白いですね。GPSって。しかもAsukalさんのご厚意で無料で使わせて頂けるなんて・・・

uttiさん
お久しぶりです。早速ページ見せていただきました。
楽しそうですね。GPSは台湾が世界で最安ではないかと思うのです。香港は1.5倍くらいします。
Posted by TJ at 2005年07月31日 13:26
先ほど恐竜の店でチェックしてきましたが、現在タイで売られているのは、全部2Dの地図で、3Dの地図は現在StreetPilot c320に付いてくるThai map V6.5だけです。

早く色々な3Dの地図でないかな。
Posted by かず at 2005年07月31日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

BenQ P50 GPSとバンドル販売
Excerpt: タイで売っているBenQ P50はAIS(タイ第一位の携帯通信会社)が販売しています。 AISは BenQ P50 にGPSをバンドルして販売するそうです(けんべん泰のかずさんのサイトから)。 セッ..
Weblog: タイとPDAとモバイルと
Tracked: 2005-07-27 21:16

衝動買い! Bluetooth GPS!
Excerpt: 土曜日は久々のゴルフであった. 夕方バンコクでアポがあるため、約2時間ほど時間が空いたので、その間に今まで行ったことのなかったフォーチュンプラザに行ってみた. パンティッププラザに匹敵する規模に驚いた..
Weblog: Durian Cafe
Tracked: 2005-09-12 00:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。