2011年12月26日

Defy & Defy+(ファーム)

今度はファームについてです。

多分こっちの方に興味がある人が多そうなので連続投稿です。w

Defy+には純正の2.3.4が載ってました。

お決まりのファーム焼きをやります!

Defy+のルート化情報があまり出回ってなかったのですが、イチかバチかでトライしてみました。(背水の陣?w)

色んなページを探しまわってやっとDefy+のルート化ができるということをxdadevelopersのページで確認できたのでやって見ました。
もちろん背水の陣で元のOSのバックアップなんて取りませんでした。w (ただのめんどくさがりや?w)

まずルートの取り方がDefyと違います。今まではSuperOneClickで取れたのですが、Defy+では無理でした。
Defy+のルートの取りかたはここに載ってます。

あとは以前Defyでやったのと同じ手順でCyanogenMODを焼いて見ました。

最初いきなり cm72-111128.2017-NIGHTLY-Defyを焼いて見たところ、Googleロゴでそのまま固まってしまい、おおあせり。
結局最初から、update-cm-7.1.0-jordan-signed、gapps-gb-20110828-signed、cm_jordan_full-63の順で無事安定しました。(リンクは張りませんので自分で探してみてください。)

cm72-111128.2017-NIGHTLY-Defyもちゃんと焼けて安定していたのですが、動画に問題ありで結局update-cm-7.1.0-jordan-signedに戻してしまいました。これにcm_jordan_full-63のNightlyパッチを当てないと動画の録画ができないです。
新ファームの方がいいだろうと思ってcm72-111128.2017-NIGHTLY-Defyにcm_jordan_full-63のパッチを当てるとCM-7.1に戻ってしまいます。
また、不思議なことに、DefyのモデルナンバーがMB525で、Defy+がMB526の筈ですが、CaynogenMODを焼いたら何故かDefy+もMB525になってしまいました・・・


※上記のファーム焼きは端末が文鎮化する可能性が大変に高いので試したい場合は各人の責任でやってください。どんなことが起こっても当ブログでは責任を取りませんのであしからず・・・
posted by かず at 20:35| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1日ちょろ使ってみたところ、バッテリーの持ちは良くなりました。前回のエントリのコメントにも書きましたが、CyanogenMODではクロックアップしなくてもサクサク動いてくれてます。

ただしCM7ではまだバッテリーのバグやBand切り替えのバグが残ってます。
バッテリーのバグは、http://forum.cyanogenmod.com/topic/34677-does-cm-mod-for-the-defy-work-on-defy/にも書いてあるように83−87%までしか充電されないという症状です。(自分のは87%で止まります。)
これも新しいNightlyが出れば問題ないかと。

本当はCyanogenMOD-7-11162011-NIGHTLY-Defyより新しcm72-111128.2017-NIGHTLY-Defyってのがあるのですが、こちらは動画を撮ろうとするとそのまま固まってしまうというバグがあります。
Posted by かず at 2011年12月28日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。